聖ヨゼフ病院のご紹介病院長あいさつ

病院長あいさつ

病院長 白井 輝
病院長 白井 輝

当院は、その前身は横須賀海仁会病院と云い、昭和14年旧海軍によって設立されたものです。その後、昭和21年、当法人の創始者である聖母訪問会ブルトン司教により、キリスト教精神に基づいた博愛的な医療を行い広く市民の皆様に親しまれ喜ばれる病院となることを願って、「聖ヨゼフ病院」として新たに開設されました。

開院して70年近くたちますが、この間、時代の流れの中で地域に必要とされる医療を提供すべく病院機能もいろいろと変遷してきました。そして、現在は内科および整形外科を中心に、高齢者の多い地域社会の中で、心のこもった質の高い医療を提供していくために職員一同力をあわせて日々努力しております。

さて、現在、横須賀市では4人に1人が65歳以上の高齢者であり、今後高齢化は急速に進行すると推定されています。複数の健康問題を抱えた高齢者に求められる医療として、専門的医療だけでなく総合的医療が必要とされており、さらに急性期医療後の医療サービスの継続性や介護サービスとの連携を常に念頭に置いていく必要があります。そのためには、個々の病院だけでなく、地域が一丸となって患者を支えていくために、各医療機関がそれぞれの独自な機能をお互いに尊重し、相互に円滑な連携を図り、お互いが持っている機能をお互いが有効に活用しあっていくことが非常に重要なこととなります。

現在、当院の連携登録医制度には既に161施設にもおよぶクリニックの先生方にご登録を頂いております。私たちは皆様と永年築き上げてきた医療連携を大切な柱として、これからの地域医療において求められる医療ニーズに柔軟に対応し、今まで以上に地域に開かれた病院として機能してまいりたいと思います。

皆様との連携において特に力を入れているのは、内科および整形外科を中心とした当院の専門的医療がより効率的に地域医療の中で役に立つものとなるように一層充実させていくこと、さらに、患者さまのさまざまな病期・病状に応じた適切な医療を迅速に提供できるように、地域医療機関および福祉施設との密接な連携をより一層充実させていくことです。

私たちは、これからも、地域の皆様に広く親しまれ喜ばれる病院となるように一層努めてまいりたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP