整形外科・脊椎脊髄外科

担当医

外来診療担当表へ

診療時間

脊椎脊髄外科専門外来
第2、4 水曜日 午前 09:00~

対象疾患

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頸髄症、骨粗鬆症性脊椎骨折、脊椎外傷、脊柱変形など

基本的な治療方針

頸椎から腰椎まで幅広く対応しており、積極的な保存加療はもちろんのこと、抵抗例には手術治療も行っています。手術治療には低侵襲脊椎手術(MISt)を取り入れ、患者さ まの体に負担の少ない治療法を心がけています。
骨粗鬆症性椎体骨折(圧迫骨折)には経皮的椎体形成術(PVP や BKP)を取り入れています。脊柱変形(側弯症や後弯症)に対する矯正手術も可能な限り対応していきます。

特殊検査、処置、入院、手術のご案内

疾患名または検査名所要日数説明
腰部脊柱管狭窄症入院(約2~3週間)除圧術は術後1~2週間で退院可能。固定術を併用したものは通常、2~4週間で退院可能。MIS-TLIF法で侵襲軽減をはかります。
脊髄造影(ミエログラム)入院(1泊2日)腰椎穿刺により脊柱管内に造影剤を注入し評価します。
神経根造影およびブロック外来障害神経根の診断ならびに治療効果判定を行います。
脊柱変形(側弯症・後弯症)入院(約2~3週間)脊柱変形症例も術中脊髄モニター使用により積極的に治療を行っています。
長範囲の固定術となりますので、入院期間は長期化します。術後は必要に応じて回復期リハビリテーション病院に転院の上でのリハビリテーションが必要となります。骨切り術の併用も行っています。必要に応じて自己血貯血を術前に行います。
骨粗鬆症性推体骨折入院(3日~4週間)経皮的推体形成術(BKPやPVP)では最短2泊3日。
MIStでは、2~4週間で対応可能です。
骨粗鬆症治療も積極的に行います。テリパラチド製剤の併用などを行います。
頸椎症性脊髄症・神経根症入院(約2~4週間)症例に応じ、前方固定術もしくは椎弓形成術を行います。不安定性を伴う症例では固定術も併用します。

2013年4月から2014年9月までの主な脊椎手術実績

2013年4月から2014年9月までの主な脊椎手術実績 ※画像をクリックすると拡大します。
PAGE TOP